外国語を学ぶのは、簡単なようでとても難しいです。学校で英語は学びますが、実際には苦手な方の方が多いのではないでしょうか?

では楽しく語学を勉強する方法とは?


■語学学習の習得時間を早めるには

語学学習をしていても、いつまで経っても上達が見込めない人も多いことでしょう。

それは、基本的に練習量が足りないからです。 1日1時間以下の学習量では、忘れる量と覚える量が一緒くらいになる場合が多く、上達はなかなか見込めません。効率的に習得したかったら、最低でも1日2時間位は英語に接していることが大切です。 ただし、机の上での学習は週に2回程度でも構いません。 勉強した文章を、何度も読んで音読し、たくさん音源を聴く事が大切です。 まずは、それほど難しくない教材を用意し、その内容が分かるようになるまで勉強しましょう。 分量は1度に2,3ページでも構いません。

1時間以内で語彙や文法を確認し、内容が分かるようになるものが良いです。 ここで、多くの人は勉強をやめてしまうので、英語力がつきません。 習得時間を短くするためには、勉強した内容を何度もCDなどで聞いて、同じように発音できるようになるまで何度も何度も音読練習することが大切です。 もちろん、内容も忘れないように毎日復習しましょう。 忙しい人の場合には、週に2回の内容把握の日以外は特に勉強時間を確保する必要はありません。 細切れの時間を使って英語に接していれば良いのです。

スポンサードリンク


広告

■例えば、朝、大便をしている時間を利用して、勉強した内容を音読しましょう。

これだけでも1日5~10分の音読練習になります。

それから、通勤や通学、その他の移動時間を利用して、1日3時間ほど勉強した内容を繰り返し聴きましょう。 できれば、聴いた内容に続くか、同時に発音もすると良いですが、周りに人がいる場合には口パクや心の中だけで復唱していても良いです。 最後は寝る前に英単語や文法をチェックしましょう。 そして、音読を何回かします。これも1日5~10分程度で構いません。 このように練習すれば、習得時間はとても少なくて済みます。 ネイティブスピーカーと毎日1時間話すよりも、初心者にとっては有効的です。

そもそも、全く聞き取りが出来ない人は、聞いても分からないので、実践練習をしても、練習になりません。 大体聞き取れるレベルでなければ、分からないことだらけで混乱するだけだからです。 まずは、音読やたくさん聴くことで基礎力をつけましょう。 そして、ある程度英語が聞き取れるようになったら、ネイティブスピーカーと話しましょう。 こうすることで、効率的に語学を習得することが可能となるからです。 ちなみに、習得期間はある程度話せるようになるまでには半年以上かかるので、気長にやることも大切です。

語学を学ぼう

挑戦しよう

急成長している中国の言語を学んでみよう
日本人が最も苦手としているリスニングを克服
たくさんの言語を学びたいなら大学へ

語学学習に役立つもの